医療費控除の知識。10万円未満でも医療費控除の対象に!

適応障害やうつ病などで通院していると、医療費が増えて経済的な心配が増えます。精神科やカウンセリングを受診することは精神疾患には重要なことなので、医療費の支出が増えるのは避けて通れない問題だと思います。

年間10万円以上もの金額を医療費に使用している場合は、医療費控除の申請も可能ですが、年間10万円未満だからと言って、医療費控除を申請するのをあきらめてはいませんか?

実は、医療費代が、年間10万円未満でも、医療費控除の申請対象になる基準が定められているのです。

医療費控除とは?

そもそも医療費控除とは一体どんなものなのでしょうか?自分が理解、認識している内容が合っているか、この機会に一度調べて、確認しようと思います。

まず、「控除」という言葉。何気なしに使っていますが、何となくで今まで使っていたので、この「控除」という言葉の定義の確認です。

 

「控除」⇒一定の金額を差し引く、という意味

 

具体的な医療費控除の対象は、1年間(1/1~12/31)に自分、または自分と同一生計の配偶者等に支払いが発生した医療費について、一定の金額を超えた際には、その医療費の金額をもとに計算された金額分の所得控除が受けられる、という事になります。

ここで、また「所得控除」という言葉が出てきました。この所得控除の意味は?

 

所得控除⇒一定の要件下で所得の合計金額から一定の金額を差し引く制度

 

つまり医療費控除とは所得控除のひとつということですね。確定申告の際に医療費控除も合わせて申請すると、給与をもらう時点で税金が差し引かれている場合は、その支払った税金の一部が「還付金」として戻ってくる(返金される)ということですね。

 

還付金⇒所得税の支払い過ぎの際に、納税者へ返還される税額(お金)

 

医療費控除申請を行う事で、納め過ぎた所得税額に対しての還付金が発生するという事になりますよね。この医療費控除申請は行わない手はないと思います。

なお、医療費控除の対象となる項目は、医療費そのものだけではなく、通院に掛かった交通費や、入院時の部屋代、補助器具や出産費用なども含まれるので、医療費控除申請の計算の際には今一度、対象項目を確認した方が良いと思います。

収入に応じて医療費控除申請が出来る

医療費控除が申請出来る一般的に認識されている基準は、確定申告対象年の1年間(1/1~12/31)に実際に支払った医療費が10万円を超える場合、であると思います。

つまり、1年間で実際に支払った医療費が10万円未満であれば、医療費控除の対象にはならない、という認識でした。

 

僕もこの認識でいましが、この認識は半分正しく、半分誤っていました。

 

1年間で実施に支払った医療費が10万円以上であることが医療費控除の対象となる点は正しいですが、それ以外にも医療費控除の対象となる場合があったのです。

 

医療費が10万円以下でも医療費控除の対象になる場合がある!

 

医療費控除申請の適用条件は実は2つあるのです。ひとつは「年間で支払った医療費が10万円以上」、そして、もうひとつが「総所得金額等の5%」です。

 

総所得金額⇒年収ではなく給与所得控除後の金額

 

例えば、総所得金額等が200万円未満である場合で考えていきます。200万円未満に5%を掛けると、その値は10万円未満となります。この場合は、年間の医療費の総額が10万円に満たない場合でも、医療控除の対象となります。

また、総取得金額等が400万円である場合について考えると、400万円×5%=20万円となり、10万の方が低い金額となるため、年間の医療費総額が10円以上であることが医療費控除申請の適用条件となります。

 

総取得金額等で考えると、少し分かりにくいので、年収だと一定の目安はいくらになるかと言うと、311万円6千円未満の年収だと、年間医療費が10万円以下でも医療費控除の対象となり得ます。

 

適応障害やうつ病などで休職して年収が減った方や、結婚や転職などでライフステージが変わった方なども、一度、ご自分の医療費と年収額の収支を計算してみると良いかも知れませんよね!

まとめ

今回、僕もいろいろと調べていて、初めて知った事があり、ブログの記事にしました。こうしたお金の事って、学校や会社でも教えてくれないし、かと言って、周りに詳しい人もそういないしで、結構、損をしているのでは? なんて勘ぐってしまいます(汗)

医療費控除申請を行えば、還付金と言う形でお金が戻ってきますから、申請しない手はないですよね。こういった制度をしっかりと活用して、生活基盤を整える事で、経済的不安の解消にも繋がると思います。

経済的な不安が少しでも解消されれば、精神的にも余裕が出来て、適応障害やうつ病などの精神疾患の悪化を防ぐ一助となる可能性もありますよね!

 

今回のまとめです⇒医療費控除申請の基準は2種類ある

 

① 年間の医療費総額が10万円以上の場合
② 年収が311万6千円未満の場合は、年間の医療総額が10万円以下でも対象