精神疾患で何も出来ないと感じている人に伝えたい事

適応障害やうつ病などの精神疾患になると、頭が回らなくなり、今まで出来たことが出来なくなる、今まで理解していた事が理解出来なくなる、といった症状が現れます。
今まで出来ていたことが出来なくなる、またはこれまでの経験からきっと出来ると思っていた新しいことも出来ない気がする、こういった症状に悩まされることが多々あります。

こういった「出来ない自分」を突きつけられて毎日を過ごしていると、周りの目が気になり始め、出来ない自分に対しての嫌悪感が高まり、より一層、精神状態が悪化して負のループから抜け出す事が難しくなる傾向があるように感じています。

そんな、何も出来ないと感じてしまう人に対して、伝えたいことを書いていきます。

本当に何も出来ないのか考えてみよう

今の自分が以前とは違って、何も出来ないダメな自分だと自己嫌悪に陥ってしまっている時には、本当に何も出来ないのか?と自問自答することをしてみましょう。

何も建設的なことや、誰かの役に立つことが、何かを「出来ること」だとは限らないと思います。

 

単純に自分が「出来ること」・「やりたいこと」・「やってみたいこと」を思い浮かべて下さい。きっと何かしらの「あること」があると思います。

 

それは「寝ること」でも「食べること」でも良いと思いますし、「映画を見ること」でも「ぼーっとして何もしないこと」でも良いと思います。

 

そうした自分の心の中から湧いてくる素直な気持ちに気付いてあげて下さい。

 

そして、その気持ちの「あること」に没頭することが、何も出来ないと感じている自分にとって「出来ること」になるのではないでしょうか?

自分の心の中から湧いてきた素直な気持ちに没頭することが、今のあなたが生きていく上で必要なことなのだと思います。

他の人からどのように思われるか? という他人軸ではなく、今のあなたが必要とすること=自分軸で考えることが重要だと思います。

出来ること、やりたいことを先ずはやってみよう

今までの経験で、何かに没頭して周りの事も何もかも忘れて熱中したことは無いでしょうか?良く思い出して下さい。

子供のころに初めて見たアニメに夢中になった、好きな人が出来ていつもその人のことばかり考えていた、大好きなバンドやアイドルがいて熱中していた、、、

こうした気持ちの時は、悪いことやネガティブな感情は忘れていなかったでしょうか?そのことだけに只々、没頭している状態です。

これは心理学的にも定義付けされていて、その時没頭していることに完全にのめり込んでいて、その状態そのものが成功体験しているような精神状態になっている、とされています。

 

つまり、自分の心の中から湧いくる素直な気持ちに従って、「出来ること」・「やりたいこと」をやってみれば良いと思います。それ自体が既に成功体験になり得る可能性があるのですから。

 

どんな簡単なことでもOKです。ひたすら寝たければ寝れば良いし、美味しいものを食べたい思えば食べれば良いのです。これも立派な出来ることであり、成功体験となり得ます。

こうやって、少しずつ「出来ること」・「やりたいこと」を積み重ねることで、病気のことや自己嫌悪感から離れることが出来ると思います。

実際にやってみて、出来なくてもそれはそれで、今の自分にはまだ早いと考えて、将来的に出来るようになったら良いな、くらいの気持ちで良いと思います。

出来ないからといって、罰金が取られるわけでもないですし、ましてや生活を脅かされるようなことにはならないのですから。

出来なくても自分を責めない

人にはそれぞれ、出来ることと出来ないことがあります。精神疾患を患うと確かに出来ることが減るように感じます。

でも、それは心がその状態を欲しているからではないでしょうか?今出来ること以外は出来る必要性がない、ということを指し示しているとも考えられます。

だから出来ない自分を嫌悪したり、恥じたりする必要性はないと思います。

 

今、現在のあなたが必要としている状態が何かを認識することが大切であり、出来ないことに目を向けるのではなく、「出来ること」や「やりたいこと」に目を向けることが重要だと思います。

 

今のあなたにとって、出来ないことを無理にやる必要性は無いですし、やりたいことが出来なかったとしても、それは今のあなたには必ずしも必要なことでは無かった、とも考えることが出来ると思います。

 

出来ない自分を責めずに、出来た自分を褒める。

 

心が疲弊しきっていると、ネガティブな感情に囚われがちです。ネガティブな感情自体は必ずしも決して悪では無いとは思います。

ですが、ネガティブな感情を取り除く事にエネルギーを使うと、より一層、心が疲れてしまうことに繋がりかねません。

そんな時はネガティブな感情になっているな、と受け入れつつ、ネガティブな感情をそっと横に置いて、その時に自分が出来ることや、やりたいことに没頭してみたらいかがでしょうか?