精神疾患で物事を先延ばしにしてしまう自分を変えるには?

メンタル不調になると、「物事を先延ばし」にしてしまうことが良くあります。その日、ベッドから起き上がることも、やらなくてはいけない家事なども、あらゆることを先延ばしにしてしまいがちになります。

僕の場合は、適応障害の抑うつ症状が多少回復してきて、以前と比べれば、気力もあるはずなのに、ついつい物事を先延ばしにして、行動が出来ないことがあります。

こうなると、自分の甘えなのではないか? という気になってきて、自分への嫌悪感や否定感が強くなり、気分が落ち込み易くなります。

この物事を先送りにしてしまうマインドを変えられれば、物事を先送りにせずに、行動に繋げ易くなるのではないかと考えています。

結果、行動出来ることによって、達成感や自己肯定感も得られるのではないでしょうか?

なぜ物事を先延ばしにしてしまうのか?

やった方が良いであろうことを、ついつい先延ばしにしてやらない、というのは、なにも精神疾患を患った方だけの特徴ではないと思います。

特に病気をされていない方でも、このように物事を先延ばしにして行動が出来ない、という方も多くいるかと思います。

ですが、僕は適応障害になってから、特にその傾向が強くなったと感じています。これは何故なのでしょうか?

適応障害やうつ病などで、物事を先延ばしにしてしまうのは、行動を起こしにくい考え方が以前と比べて、顕著になっているからではないかな、と考えています。

物事をついつい先延ばしにしてしまう原因のひとつは、自分への強制的な動機付けが関係していると思います。

以前の自分であれば、「こうして出来た」、「こうすれば出来るはずだ」といった、以前の自分と比較して、自分自身を追い込むような考え方をいつの間にかにしてしまっているのです。

こうすると、実は自分自身が今現在出来る方法や、目標と乖離が生じて、行動するときのハードルが高くなり、結果、行動に結び付き難くなります。

例えば、毎日、何かしら運動を継続する、と決めたとします。これは以前に出来ていた経験則や、今後の目標とする自分に少しでも早く到達したい、という願望から行動内容を決めてしまいがちです。

目標が高いこと自体は悪いことではないのですが、僕が感じたのは、今の自分で無理なく出来る範疇、今の自分が本当にやってみたいこと、という観点が抜け落ちてしまいがちになる、ということです。

自分自身への強制は、結局、他者からの強制と同義となってしまい、モチベーションが上がらず、先延ばしにしてしまうことに繋がってしまいます。

先延ばしにしてしまう自分への対処方法

物事を先延ばしにしてしまう自分への対処法はなにか無いでしょうか?その方法を考えてみました。

 

対処方法その①:先延ばしにしない場合の良い点・悪い点を洗い出す
対処方法その①は、物事を先延ばしにしない場合の良い点・悪い点を洗い出すことです。
物事には良い点・悪い点があるものですが、その2の整理を行うことで、良い点が大きいことが分かれば、行動に繋がりやすくなります。

例えば、今日起きてからやらなくてはいけないことがある際に、どうしても気力がおきずに、そのまま寝てしまおうか? いや起きた方が良いか?と自問自答するようなことって、実は意外とあると思います。

その時は気力がなくても、気象して行動を起こすことによって得られる良い点(メリット)と、そのまま寝てしまった場合の悪い点(デメリット)を洗い出して、比較すると良いと思います。

気力が無い時は、なかなか行動に移せないものですが、100%で無くて良いから、実際に行動してみると意外と出来た、ということは無いでしょうか?

そのことが自分の達成感や自信に繋がる、と考えてみてはどうでしょうか?

また、そのまま寝てしまったとしても、それはそれで選択肢のひとつではありますが、もしかすると、寝てしまったことで自分への罪悪感や嫌悪感を感じてしまうことがあれば、行動した方が良いのかも知れません。

もちろん、体調が良くない時などは、無理をせず休むことを最優先した方が良いと思います。

 

対処方法その②:今の自分が「やりたいこと」で考える

以前の自分と比べて、「やるべきこと」を選択、設定したり、周りの期待に応えるために「やらなくてはいけないこと」を選択、設定すると、今の自分が「やりたいこと」が基準になっていないために、行動に繋がらずに先延ばしにしてしまうことがあると思います。

これは、今、現在の自分が「やりたい」と感じていることでないと、「もしかしたら出来ないかもしれない」・「何がなんでもやらなくてはいけない」という今の自分以外からの強制力となり、行動する気力が無くなるのだと思います。

物事を先送りにしようとしている自分がいる時は、「今の自分が何をしたいのか」を大切に自問自答して、その気持ちに気が付く事が出来れば、行動を起こし易くなると思います。

まとめ

僕の場合は適応障害ですが、精神疾患で物事を先送りにしてしまう傾向が強くなったと感じた場合は、上記2つの考え方を参考にしてみて下さい。

僕自身も完璧に自分の気持ちや行動をコントロール出来ているわけではありません。今現在も四苦八苦して試行錯誤している真っただ中です。

少しでも、自分の考え方や方法が皆さんのお役に立てればとても嬉しく思います。