人生が楽になる考え方ってあるのかな?

こんにちは、まめまんめです。真面目で頑張り屋さんな方へ向けて、人生が楽になる考え方について、適応障害になった僕なりの思った事を書いていきます。

というか、自分で言うのも何ですが、僕もかなり真面目な方だと思います。頑張り屋さんかどうかは分かりませんが(笑)

完璧主義をやめて失敗をしてみる

完璧主義、、、自分では別に完璧主義なんかじゃないよ、と思われている方が多いかと思います。

僕もその1人です。でも、今、振り返ってみると、仕事において、求められる水準以上のものをこなそうとしたり、いくつもの業務を同時に進めてより効率良くやろうと、常に工夫に工夫を重ねていたりしていました。

この事自体は仕事をする上でとても重要ですし、素晴らしい事だとは思います。でも、周りが自分に求めている以上のものを自分自信に課している事に気が付いたのです。

 

自分でも知らない間に完璧主義になっていた、という事ですね。自分が手掛けている仕事を全てにおいて100%以上やっていては、その先の自分への要求はもっともっと上がっていくと思います。これでは心身が持たなくなってしまいます。現に僕はそうでした。

 

であれば、仕事の優先順位を付けて、精度を高める仕事とそうでないものに分けて、周りに頼める内容の仕事は周りに頼む、という視点が必要だと思います。

失敗する事を恐れて過剰に自分への責務を課してしまうと、それこそ心身が疲弊する事に繋がりかねません。

これは仕事だけではなく、日常生活に当てはまると思います。家族の事、友人の事、恋人の事、そして自分の事、全てにおいて完璧にこなそうとはしていませんか?

少しぐらいウッカリさんの方が心と身体に良いのです。

そして、周りにもっと頼ってみましょう。自分で全て抱えこむ必要性は無いのです。周りに素直に手伝ってほしい、手を貸して欲しい、と伝えてみましょう。

自分と周りを比較しない

心が疲れている時、病んでいる時は、自分と他人とを比べてコンプレックスや焦りを感じてしまう事があります。

その事をバネに自分自信の成長に繋げる事ももちろん出来ます。でも、それが出来るのは心身ともに健康な時だけではないでしょうか。

 

つまり、心が疲れている時、病んでいる時に他人と比較してコンプレックスや焦りを感じる事が、より心と身体を疲れさせている事に繋がってしまうと思います。元気な時なら気にならないような事も心の足かせになってしまうのです。

 

毎日過ごしていると、様々な情報が目や耳を通じて入ってきますが、心に余裕がない時は自分は自分、他人は他人と明確に区別する事が大切だと思います。

または、情報が極力入らないように自分で工夫する事も出来ると思います。例えば、SNSを見ない、ニュースを見ない、少し他人との距離を置く、などです。

そして、自分が好きな事、心地よいと思える事と接する時間を増やしてください。例えば、趣味に没頭する、好きな食べ物を食べる、ひたすら寝る、何でも良いです自分が楽だなぁ、と思える事を探してみて下さい。

心が疲れている時は頭の中だけで考えても、堂々巡りとなり、考えがまとまらない事が良くあります。自分がどうしたいか分からないときは、紙に書きだしたり、口に出してみたりすると有効的です。

そうする事によって、自分が感じている焦りや不安を具体化して心が楽になる事があります。

休むことって重要です

真面目で頑張り屋な人に一番欠けている観点は、【休むこと】ではないでしょうか?

真面目な人ほど、休む=楽をする=そんな事は出来ない、という方程式が出来上がっていないでしょうか? だから、いつも自分の最大限の力で何でもこなそうとしてしまい、心が疲れていってしまうと思います。

 

前向きに頑張る事、やりきる事はとても重要です。でも、それだけでは、自分が気が付いた時には心身共に疲れ切ってしまっている可能性が高いです。生きるためには休む事もとても重要な事だと思います。

 

【休む】と一口に言っても、色々な休み方があると思います。家でゆっくりと寝て過ごすのも良いですし、特に当てもなくブラブラと街に出かけるのも良いです。

自分の好きな人と過ごす時間を多くしたり、自分が好きな事に費やす時間を多くしたり、です。

疲れている自分が、今欲している事は何でしょうか? 今は無いけどそれがあるいいなという環境は何でしょうか? 少し落ち着て考えてみるもの良いと思います。

直ぐに答えが出なくても良いです。自分に向き合い、自分の本当の気持ちを知る。こうした事が大切なのかも知れません。

 

①完璧主義をやめて失敗をしてみる。

②自分と周りを比較しない。

③時には休息をしっかりと取る。

 

人生が辛く感じたら、、、この3つを意識して行動してみようと僕は思っています。人生が楽になる考え方を身に着ければ、心に余裕が出て、今よりもっと人生を楽しめるようになっていると思います。