適応障害・うつ病で休職するメリットについて

こんにちは、まめまんめです。僕は今現在、適応障害と診断され仕事を休職中です。そんな僕が感じた仕事を休職することのメリットについて書きます。

休職を検討している方の参考になれば幸いです。また、休職をする際のデメリットについてはまた別途、ご案内出来ればと思います。

仕事を休職することのメリット

適応障害やうつ病など、各個人によって置かれている状況も違い一概には言えませんが、僕は心が病んでしまって、心身ともに疲弊している時は休職する事をお勧めします。

退職もひとつの手ですが、その一歩手前の選択肢として、休職は十分にアリな選択肢だと思っています。実際に今現在休職している僕が感じている休職のメリットは以下があります。

 

1.傷病手当金を支給されるので経済的な不安要素が軽減される。

2.ストレッサー(ストレスのもと)から離れる事で、心身の療養時間が確保出来る。

3.今後について復職と転職の2つの選択肢を得ることが出来る。

 

これらの3つのメリットについて、それぞれ説明をしていきたいと思います。あくまで僕個人が実際に休職して感じているメリットなので、これを見て頂いている皆さんに必ずしも当てはまるかは絶対ではない点を踏まえて頂き、参考にして頂ければと思います。

傷病手当金により経済的な不安要素が軽減

やはり休職となると経済的な問題に直面します。これは仕事に行かないのですから、給料の支給が無くなり、経済的困窮に陥る可能性があるからです。

ですが、休職の場合は健康保険にて傷病手当金が1年6か月間に渡って支給されます。その支給額は目安としては、支給開始日の以前12ヵ月間の各標準報酬月額を平均した額×2/3が目安となっています。

 

確かに収入額自体は減ってしまいますが、これだけの収入があれば、日々の生活の支出の見直しなどをすれば、ある一定期間は生活を担保出来る可能性が高くなります。

 

これが退職で自己都合となると、雇用保険より支給される失業手当の給付が退職から3か月後からとなり、その期間は一切収入が無い状態となります。

つまり貯蓄のみで生活費を担保する形となります。これは精神衛生上あまり良くなく、それこそ適応障害やうつ病などの精神疾患の症状を悪化させる事にも繋がりかねません。

ストレッサーから距離を置く事で療養時間が確保出来る

休職する上で、実はこれが一番大きいメリットではないかと感じています。適応障害やうつ病の主な原因が職場にあるとした場合、一旦、そのストレッサーから離れる事で、心身の療養時間が確保出来ます。

休職前の状態は、精神的に追い詰められているので、論理的に物事を考えられなくなっていたり、冷静に判断が出来なくなっていたりしています。これは非常に危険な状態です。

 

精神科の医者や、適応障害・うつ病などの精神疾患を寛解(症状が落ち着いて安定した状態)した方のお話では、精神的に追い詰められている時、つまり症状が酷く、重い時は個人で重要な判断をする事を避ける、というのが定石となっています。

 

この場合は、退職や転職などがその重要な判断に当たるかと思います。症状が重たい状態で退職をして転職活動をするのは非常にハードルが高い状態であると言えます。

僕の友人(家庭持ち=奥さん・子供2人持ち)も職場とのトラブルで、鬱状態で退職をして、転職活動をしていました。

ですが、鬱の症状が酷く一睡もしていない状態が断続的にあったため、結果、転職活動は一旦休止して、療養に専念してから再度の転職活動を行って就職を決めました。

転職活動休止期間中は、もちろん収入がありませんから、貯蓄を切り崩して、奥さんとお子さん2人は実家に戻っての生活をしていました。

本人曰く、精神的にも身体的にも非常に辛い時期で、離婚の危機も同時にあった、との事です。休職をしてから転職活動をすれば良かった、と当時を振り返っていました。

こういった事例からも、心身に負担が重くのし掛かった状態での、退職、転職活動は非常にリスキーであると言えます。そのリスクを避けるためにも休職の選択肢は良いと思います。

休職する事によって復職と転職の2つの選択肢が得られる

まず先に退職を選択すると、起業を除けば、自ずと選択肢は転職のみになります。ですが、休職では、復職というもう一つの選択肢が生まれます。

今後の展望について選択肢が増えるのは良い事だと思います。じっくりと腰を据えて、転職と復職の両方の線を模索することが出来るからです。

もちろん、復職に当たっては、ストレッサーへの対処が必要にはなりますが、これは部署移動の調整や、自分のメンタルの調整でクリア出来る可能性もあります。

また、転職をするにしても、転職先に苦手な人や合わない人がいる恐れは十分にあります。そんな時の対処のためにも、まずは心の状態を安定させる事が最優先事項だと思います。

 

そのためには、一定の時間が必ず必要となります。それが休職期間です。疲れた心と身体をしっかりと療養しつつ、この経験をバネにもっと強かになる事も出来るかも知れません。

 

とは言え、あまり自分にアレコレと課すのもプレッシャーとなり、良くないストレスに繋がる可能性もあるので、休職期間中はあまり難しく考えずに、自分の好きな人や、好きな事に触れて、空っぽになった心を少しずつ満たす事から始めていきましょう!

適応障害で休職するデメリットについてはこちらのリンクをご覧下さい。